漢方の話 評価 効果・効能 ∞無限大倉伸彦左衛門∞の与太くるま話

可能性は無限大∞  「倉伸 彦左衛門」がトヨタ車・新車・比較情報など書きます。ヴェルファイアの生の声も合わせてどうぞ


■ブログランキングの投票もよろしく
人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと
FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票はここをポチッと  
ホーム > カテゴリー - 漢方の話 評価 効果・効能

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフルエンザ 漢方 麻黄湯 評価

漢方製剤「麻黄湯」タミフル並み効果、新型には未確認
09/05/08
読売新聞より


 インフルエンザの治療に漢方製剤の「麻黄湯(まおうとう)」を使うと、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果を、福岡大病院の鍋島茂樹・総合診療部長らが明らかにした。新型インフルエンザへの効果は未確認だが、タミフルの効かない耐性ウイルスも増える中、注目を集めそうだ。

 日本感染症学会で4月に発表された鍋島部長らの研究は、昨年1月-4月に同病院を受診し、A型インフルエンザウイルスを検出した18-66歳の男女20人の同意を得て実施。うち8人はタミフル、12人は麻黄湯エキスを5日間処方した。ともに発症48時間以内に服用し、高熱が続く時は解熱剤を飲んでもらった。

 服用開始から平熱に戻るまでの平均時間は、タミフルが20・0時間、麻黄湯が21・4時間でほとんど差がなかった。解熱剤の平均服用回数はタミフルの2・4回に比べ、麻黄湯は0・6回と少なくて済んだ。

 麻黄湯のインフルエンザへの効能は以前から承認されており、健康保険で使える。

 鍋島部長は「正確な効果の比較には大規模で厳密な研究が必要だが、タミフルは異常行動などへの懸念から10歳代への使用が原則中止されていることもあり、漢方薬という選択肢の存在は大きい」と話している。

スポンサーサイト

抗がん剤と漢方薬併用療法    効能 体験 比較 ガン 癌

抗がん剤と漢方薬併用療法の有用性について少し書いてみます。
これ以外にも癌治療に併用される漢方薬はいろいろあります。

個々の漢方薬によって抗がん剤活性機序が異なる
がん転移を減らす
抗がん剤副作用を軽減する
再発率を低減、生存率を上昇させる。

(あくまで研究段階の話ですので、不確実情報として読んでいただければ幸いです。)



認知症 アルツハイマー 漢方薬「抑肝散(よくかんさん)」アリセプト 特効薬?

認知症の薬くださいと来院される方があります。
特効薬はないんですが、と言いながら、検査などして、

中核症状の進行を遅らせる薬として、「アリセプト」という薬を出されていることも多いかと思います。

ただし、経過とともに過剰投与となったり、副作用として日常生活動作(ADL)が低下するという副作用もあり、注意を要するのですが。

そこで、認知症患者に現れる周辺症状に対して、漢方薬「抑肝散(よくかんさん)」という漢方があり、身体機能を低下させずに問題行動をコントロールできると言われていました。

元々は、精神状態を落ち着かせる効能がある漢方薬で、攻撃的行動、幻覚、易怒性、多動性痙攣、小児の夜泣きなどに効くとされています。アリセプトによって現れる副作用もやわらげてくれるので、同時に処方されることもあるようです。

そして、遂に?

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)041番

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)041番
<オススメ度>★★★★★
<効能・効果>
消化機能が衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質者の次の諸症。 夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症。

抑肝散(ヨクカンサン)054番

抑肝散(ヨクカンサン)054番
<オススメ度>★★??
<効能・効果>
虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症。
神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症。
最近の記事+コメント
プロフィール

倉伸 彦左

Author:倉伸 彦左
管理人の「倉伸 彦左」が、トヨタ車の話など、ヴェルファイアの話が多くなっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。