第4話 共鳴するチカラ ∞無限大倉伸彦左衛門∞の与太くるま話

可能性は無限大∞  「倉伸 彦左衛門」がトヨタ車・新車・比較情報など書きます。ヴェルファイアの生の声も合わせてどうぞ


■ブログランキングの投票もよろしく
人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと
FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票はここをポチッと  
ホーム > スポンサー広告 > 第4話 共鳴するチカラホーム > 未分類 > 第4話 共鳴するチカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第4話 共鳴するチカラ

さて、今日もいよいよ最後の患者さん。予約診察の佐々木知子さん22歳。
薬剤師資格を取ったばかりのエステティシャンを目指すとても綺麗で清楚なお嬢さん。
でも、パニック障害持ち。何の因果か?私の外来に通っている。何故私の外来にというと、私の友人の紹介なのね。
だから友達の友達な関係な訳。まぁそんなことは別にどうでもよくって。

彼女は初めて診させて貰った時とは見違えるほど症状が良くなって、今ではほとんど元気で薬も要らないんだけど、私の外来に来るととても元気になるとのことで、隔週で外来を予約していく。

実はココだけの話。
彼女を診ると私の調子もとても良いのね。
何がどういいのかって聞かれてもそれを上手く伝えるのは難しいんだけど。
なんか、能力、、、はぁ、「能力」かぁ。今日は朝からその言葉が気になって仕方がない。
まぁ、みんなにはわかりにくいだろうけれど、その「能力」っぽい何かが、とっても落ち着くというか、なんかとても心地よいのね。

だから、、、もう少ししたら、個人的には医者と患者の関係の一線を越えたくはないんだけど、お友達になれないか誘ってみるつもり。

あ、患者さん、待たしちゃダメよねぇ。

佐々木さん~どうぞ診察室にお入りください~。

[ 2007/09/01 19:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事+コメント
プロフィール

倉伸 彦左

Author:倉伸 彦左
管理人の「倉伸 彦左」が、トヨタ車の話など、ヴェルファイアの話が多くなっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。