第12話 はじける音の先に ∞無限大倉伸彦左衛門∞の与太くるま話

可能性は無限大∞  「倉伸 彦左衛門」がトヨタ車・新車・比較情報など書きます。ヴェルファイアの生の声も合わせてどうぞ


■ブログランキングの投票もよろしく
人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと
FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票はここをポチッと  
ホーム > スポンサー広告 > 第12話 はじける音の先にホーム > 未分類 > 第12話 はじける音の先に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第12話 はじける音の先に

話は8話くらいの続きになるのだけれど。

「じゃぁ、始めて、何かが起こるというのなら診てあげようじゃないの。」
遊佐は何かが起こりそうなこの雰囲気に耐えられなくなっていた。

「ええ、安倍くん、それでは悪いけど脱いでくれる?」
TOMOは手馴れた言葉と仕草で安倍くんの下半身にてを伸ばし始めた。
そう、オナニーショウが始まったのである。

遊佐は安倍くんのナニに目を釘付けにされていた。
(おおきぃわぁ、この子・・・)

そんなことでドキドキしている遊佐を横目に、TOMOと安倍くんは淡々と行為を進めていると、ヒュンヒュンという音が鳴り始めた。
始めは小さな音が、どんどんと大きくなり、電気がはじけるようなパチッ、パチッっという音がそれに続いてきた。
ちょうど何か機械仕掛けの道具が動き始めたようなそれらの音が次第に大きくなり、遊佐が驚いて目と耳をふさごうとした瞬間。

それは起こったのだった、突然に。

TOMOが話し始めた。
「先生、これをどう思います?。」
[ 2007/09/10 01:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事+コメント
プロフィール

倉伸 彦左

Author:倉伸 彦左
管理人の「倉伸 彦左」が、トヨタ車の話など、ヴェルファイアの話が多くなっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。