第13話 安倍くんのナニと遊佐の「能力」 ∞無限大倉伸彦左衛門∞の与太くるま話

可能性は無限大∞  「倉伸 彦左衛門」がトヨタ車・新車・比較情報など書きます。ヴェルファイアの生の声も合わせてどうぞ


■ブログランキングの投票もよろしく
人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと
FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票はここをポチッと  
ホーム > スポンサー広告 > 第13話 安倍くんのナニと遊佐の「能力」ホーム > 未分類 > 第13話 安倍くんのナニと遊佐の「能力」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第13話 安倍くんのナニと遊佐の「能力」

それは予想もしなかった光景だった。
「空間がゆがんでいる?というか・・・ない?」
目の前には小さな銀河系のような黒い物体が浮かんでいる。いや、浮かんでいるというよりも、そこの空間がゆがんでなくなっているよう

に見えるのだった。

「これって、何?」

「先生にもわからないよ、だって先生はお医者さんだからね」
と、安倍くんはまたいつものようにいきなりしゃべりはじめた。下半身丸出しで(笑)
それはとても格好のいい姿ではなかったけれど、遊佐は唐突にこう話し始めたのだった。

「安倍くん、それ治してもいい?」
「うん、いいよ、この黒い何かは多分先生にもわからないだろうけれど、これをきっと先生は治そうとするって思ってね」
「え?安倍くん、これが何だか先生ならわかるんじゃないかって言ったじゃない、騙したの?」
「TOMOさん、ごめん、でも、これで先生の「能力」がはっきりと証明できるんだ。、そして君の能力もボクが解き明かしてあげるよ」
「じゃぁ、やるよ、直接触ってもいいかしら?」
「先生お願いします」
「触ることで、この黒い何か?暴走したりしない?」
「それはダイジョウブ、ボクが保証するよ」
[ 2007/09/11 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最近の記事+コメント
プロフィール

倉伸 彦左

Author:倉伸 彦左
管理人の「倉伸 彦左」が、トヨタ車の話など、ヴェルファイアの話が多くなっています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。